L-カルニチンダイエットの効果をズバリ解説

カルニチンで脂肪燃焼というけれど..

カルニチンで脂肪燃焼というけれど..

ルニチンはダイエットに効く! カルニチンは脂肪燃焼を促進する! というキャッチコピーを目にする方も多いと思いますが、どのような仕組みでダイエットに効くのかをきちんと理解していない方も多いと思います。

カルニチンはダイエットの大きな手助けになることは間違いありません。ただし、正しい働きを知って正しく使用することが必要です。

できるだけ端的にカルニチンの働きについてまとめていますので、ぜひダイエット成功へのツールとしてお役立てください。

カルニチンの体内での役割

脂肪を筋肉で燃焼させるためにはカルニチンが絶対に必要です。ただしここで間違えやすいのは、カルニチンが多ければ多いほどそれに応じて脂肪が燃焼されるわけではないということです。

つまり、カルニチンは脂肪燃焼には欠かせない成分なのですが、カルニチン自体が脂肪燃焼を促進するわけではないのです。

脂肪が筋肉で燃焼するためには、まず脂肪が分解され血液中に放出される必要があります。この血液中に放出された脂肪が遊離脂肪酸(ゆうりしぼうさん)と言われるもので、FFA(free fatty acid)とも呼ばれています。

脂肪を分解して血液中の遊離脂肪酸を増やすためには、前提として長時間の有酸素運動が必要となります。つまり、カルニチン以前に運動は必須となるのです。

その後、血液中の遊離脂肪酸を体内の各組織でエネルギーとして取り込む際に、カルニチンが必要となってきます。遊離脂肪酸に対してカルニチンが足りない場合、またはエネルギーに変える必要のない余剰がある場合は肝臓に取りこまれ、再び脂肪へと合成されます。

カルニチンが必要な人とは

これらの流れから、カルニチンがサプリメント(栄養補助)として必要なパターンは、

  • 定期的に運動やマラソンをしているのに、あまり体重が減らない
  • 摂取カロリーに気をつけた食事をしているのに、体重に変化がない

以上の場合は、カルニチンが不足して効果的に脂肪燃焼ができていないことが考えられます。

これらの仕組みを頭に入れ、カルニチンが足りないと感じたらカルニチンサプリメントで補うことでより効果的なダイエットができるかと思います。

ちなみにカルニチンにはL-カルニチンとD-カルニチンがあるのですが、脂肪燃焼に関わるカルニチンはL-カルニチンで、一般的にカルニチンと言えば”L”のカルニチンを指します。

「カルニチン」が取り上げられたテレビ番組

Nスタ

2015年8月12日放送 TBS

解決!ナイナイアンサー

2015年6月23日放送 日本テレビ

解決スイッチ

2015年6月23日放送 テレビ東京

林修の今でしょ!講座

2015年1月27日放送 テレビ朝日

予約殺到!スゴ腕の専門外来SP!!

2015年1月8日放送 TBS

別冊主治医が見つかる診療所 健康スイッチ

2014年7月9日放送 テレビ東京

ためしてガッテン

2012年5月29日放送 NHK総合

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly

You may also like...